「金環日食」についてのページ。

金環日食について

これからの日食

日本に関する日食等

2012年5月21日
今回の金環食。九州、四国、本州の広い地域で観測可能
2012年6月6日
金星の日面通過(太陽上通過)
2016年3月9日
部分食。日本全国でが見られる
2019年1月6日
部分食。日本を含むアジア東部と北太平洋で見られる
2019年12月26日
部分食。日本全国で見られる
2020年6月21日
部分食。日本全国で観測可能
2030年6月1日
北海道で金環食。日本全土で部分食。
2032年11月3日
部分食。日本は関東から北で日入帯食
2035年9月2日
皆既食。能登半島と茨城県を結ぶ一帯で皆既食が見られる。全国で部分食

金星の日面通過

2012年6月6日 出来ればこれも見たい

上の表にも付け加えたけれど、2012年6月6日に金星が太陽上を通過するという珍しい現象が巡ってくるという。前回は2004年6月8日にあったが、この次は105年後まで見られないとのこと。

時間は、朝7時10分頃から13時50分頃。金星はゆっくりと太陽上を通過する。見かけの直径は、太陽の30分の1の大きさ。金星は小さいので、あまり眼を凝らしてみるのはご法度だ。眼を大事にしましょう。

金星日面通過
ページのトップへ戻る